2017. 1.8 2017. 1.8 (sun) La Mano Fria ARTWORK JAPAN TOUR 2017 at ROOTS

2017. 1.8 (sun)
La Mano Fria ARTWORK JAPAN TOUR 2017 in tomakomai

+++++++++++++
AT. ROOTS-tomakomai
北海道苫小牧市大町2丁目2ー3

+++++++++++++
OPEN 17:00〜(PM5:00)
入場料金 ¥1,500(1drink付き)

+++++++++++++
■SPECIAL ART LIVE■
La Mano Fria (from MIAMI,Sudswap,U-HALL法人営業)

■ART EXHIBITION■
La Mano Fria (from MIAMI,Sudswap,U-HALL法人営業)
Zoidgraff
KAINO

+++++++++++++
■GUEST DJ■
GAK

■DJ■
KJ.540
PTR
THOMAS
KAINO
Zoidgraff

+++++++++++++
【Food】
DELISTA CAFE

+++++++++++++
【Handmade accessories】
琰(えん)

+++++++++++++

【La Mano Fria プロフィール】
グラフィック・デザイナー、タイポグラファー、グラフィティ・ライター、オーガナイザー。ニューヨークで育ち、現在マイアミ在住。マイアミを拠点とする音楽レーベルBeta Bodega Coalitionのレーベルオーナー。1996年、自身のオリジナルブランドRice and Beansを立ち上げ、NYCにあったBobbito Garciaの伝説のショップFootworkから販売をスタートする。1999年には音楽レーベルを設立し、所属アーティストに加え、Prefuse73、Common、Raekwon、Pharoah Monche、The Last Poets、Dead Prez、DJ 3000などのCDや12″シングル、ロゴやT-Shirtsのデザインを手掛ける。また、日本ではStudio Voice誌の表紙へのグラフィック提供や、Tokion、Fader、remix、blast、Massage、Woofin’など各誌でインタビュー等の特集を組まれ、バルセロナSonar2004、またコロンビアMedelink2008への出演、2005年ポルトガルAuditorio Serralves、2004年オランダTag Gallery、2005年からは定期的に東京UPLINK GALLERYでアートエキシビジョンを行い、2006年よりBEAMS Tを中心にRice and Beansの日本での販売をスタート。2010年よりMiami Beer Tour/Tokyo Beer Tourプロジェクトを開始。Asahi、Kirin、Hitachino Nest Beer(日本)、Minerva and Magna(メキシコ)、Sweetwater、New Belgium Brewery、Hatuey(アメリカ)などをクライアントにアート・プロジェクトを行う。その他、GPKクルーと共に、パーヴィス・ヤング基金が手がけたPurvis Young Graffiti Hall of Fameへの参加や、マイアミのアートギャラリーProduct81とSouth Florida Ford社のカルチャー・コンサルタント、Ista Magazine、Ista Culture Seminarの制作などを担当。最近では、マイアミの美術館、Museum of Art | Fort Lauderdaleで開始されたJETSプロジェクトにてライブアートを行っている。